皆さんからのたくさんの励ましとあたたかなお祝いの言葉に心から感謝の気持ちを込めて     「ありがとう」。   


by ashidea
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:movie( 1 )

"TO END ALL WARS" 観た。

f0049362_1652193.jpg


なんとなく、ロバート・カーライルが出てるというので観てみた。
日本軍の捕虜になったスコットランドの部隊の実話。
なんとなくのはずだったのに、すっかり入り込んでしまった。
胸が苦しくなって、涙が止まらなくなってしまった。

第二次世界大戦。
日本という国は、とんでもない罪を犯してしまったんだなぁ。と改めて思った。
「人の命が羽よりも軽い。」
この言葉が映画の中で何度か出てきた。
日本の軍人は、自分を神の使いか何かと勘違いしてしまってたらしい。
日本人以外は下等な生き物とだと考えてたみたい。
まるで、ナチス。

映画の中では、憎しみあっていた捕虜も日本兵も、人間の心を取り戻して行く。
“死”がいつも隣にある中での捕虜も日本兵も“生”が見えなくなっててのは同じだったのかもしれない。

今も戦争が起きてる。
必要なのか分からない。
起こす人間。戦う人間。巻き込まれる人間。
必要なはずがない。


と、いろんな事を考えさせられる映画だったのです。
日本がしたこと。命の重さ。生きるということ。人間としての心。
勉強になりました。
でも、戦争の映画って、観終わった時にドッと疲れてしまいます・・・。
[PR]
by ashidea | 2006-06-16 12:55 | movie