皆さんからのたくさんの励ましとあたたかなお祝いの言葉に心から感謝の気持ちを込めて     「ありがとう」。   


by ashidea
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

サボテンの花。


f0049362_11301140.jpg


サボテンに花が咲きました。
何年ぶりだろう?
10年ぶり!?

先月入院したおばあちゃんの「生きたいパワー」がサボテンに花を咲かせたのかもしれません。
ずーっと昔から家にあるサボテンらしいので。
つぼみをたくさんつけて、どんどん花を咲かせています。

おばあちゃんも元気に回復中です。
91歳。
猛暑になると言われているこの夏。
我が家で、夏を超すことは無理かもしれません・・・。


                      ポチッとお願いしますね♪
[PR]
# by ashidea | 2007-06-20 11:39 | 家族
f0049362_1056747.jpg


6月6日と8日に、ルイちゃんは卵を1つずつ産みました。
小さな体でよく頑張りました。
その後、心配しましたが、身籠った様子はありません。が、・・・。

発情らしき行動が終わらず悩んでいます・・・。
そこで、ネットでいろいろ調べました。
私はたくさんの間違いに気付かされました。

f0049362_1133272.jpg
まず、ルイちゃんの発情の相手はマル君ではなく、私であった事に気付きました。
振り返ると、必ず私を見ているルイちゃん。
寂しそうだと、ケージの中に手を入れると、喜んで飛びついて来るルイちゃん。
手の中に入って、気持ち良さそうに目を閉じるルイちゃん。

ママがルイちゃんを発情させていたんだね。
「背中をなでたりしなければ大丈夫」って簡単に考えてました。
でも、実際はその子によって、発情のスイッチは違うんですよね。

f0049362_1192650.jpg
心を鬼にして、ルイちゃんをかまわない様に気を付けています。
そして、今日の朝は狭いケージに引っ越しをしました。
オモチャもなしです。
ケージの多き場所も、風通しの良い窓辺に引っ越しです。
さっそく効果がありました。
引っ越しの前は、恐ろしく大きい糞を1日に数回しかしませんでした。
引っ越し後、小さなインコらしい糞を、ちょこちょことしています。
引っ越し前は、フンきり網の上で自分の足をカリカリとかじって、1日のほとんどを過ごしていました。
引っ越し後は、ちゃんと止まり木の上にずーっと止まっています。

もっと早くこうしてあげていれば良かったと、後悔しています。
私は、まだまだ勉強不足です。
この子たちとずっと一緒にいたい。
この子たちに私とずっと一緒にいたいと思っていて欲しい。
その為に、出来る限りの事をしてあげたいと心から思うのでありました・・・。


                      ポチッとお願いしますね♪
[PR]
# by ashidea | 2007-06-20 11:25 | rui

f0049362_16432848.jpg


かわいいルイちゃん。
いつまでたっても赤ちゃんみたいなルイちゃん。

甘えん坊のルイちゃんの様子がまたもやおかしいです。
お腹がふっくらしています・・・。
またですか?ルイちゃん?

どうやら卵のようです(涙)。
発情しない様に努力してるのに・・・。
甘えても“なでなで”しないように頑張ってるのに・・・。
“カキカキ”してあげたのがダメだったのかしら・・・。
カゴの中でのストレスが原因?
おかしな様子はなかったのに。
多産は短命になるっていうから、心配です。

いたって元気なのが救いです。

f0049362_16512137.jpg


f0049362_16514369.jpg

          お隣のマル君が気になるルイちゃん。

今度も無事に産卵してくれるのを祈るばかりです・・・。


おまけのマル君。

f0049362_16554468.jpg


病気な訳じゃありませんよ。
赤ちゃんの時から、こうやって寝るのが好きなんです。



                      ポチッとお願いしますね♪
[PR]
# by ashidea | 2007-06-04 16:57 | rui

胴が長い〜っ!?

昨日は、初めての妊婦検診でした。
やっと本当のママさん達に仲間入りできたみたいで、何だか嬉しかったです。
赤ちゃんもとっても元気でしたよ−♪
超音波写真(デジカメで撮影したのでわかりにくい…)です!

f0049362_12153321.jpg


今回は説明付きにしてみましたよ。
先生の言葉です。
「頭からお尻までが6cm、これが頭ね、わかる?大きさが2cmです。手が2つに、足もちゃんと2つありますよ。心拍もちゃんと見えてるから元気ですよ。あとは…、ちょっと大きめかな〜。」とのことでした。
「元気」と聞いて、胸がスーッと楽になりました。
出血も、もう大丈夫です!!
普通の生活をしても良いと、やっとお許しが出ました(嬉!!)
さっそく今日は2ヶ月ぶりに、自分で掃除機をかけましたよ。
週に1回、jiji君が掃除機をかけてくれてたんですが、「やっぱり私がやらないと綺麗にならないわね」と、つくづく思ってしまいました(笑)。
jiji君頑張ってくれてたのに(笑)。

さてさて、妊婦検診になると、超音波での画像をビデオ録画してもらえます。
家族みんなで、上映会をしましたよ(笑)。
みんな、声を揃えて言いました。

「この子、ちょっと胴が長いんじゃなぁい〜?」

なんて失礼なんでしょう!?
決してそんな事ありませんから(怒)!!


                      ポチッとお願いしますね♪
[PR]
# by ashidea | 2007-05-31 12:32 | baby

2羽の闘病生活。

f0049362_10585211.jpg


マル君とルイちゃんが、一週間、病気と闘いました。
病名は?ごめんさい。わかりません・・・。
まず、どういう経緯で病気が発覚したのかを。

ある日から、ルイちゃんのウ*コの回数が減り、たまに出るウ*コがとてつもなくおきくなりました。
そして、日がたつにつれて、下腹部もふっくらしてきたのでした。
家にある飼育書3冊、どれを読んでみても「卵秘(卵詰まり)」の症状と似ていました。
違っていたのは、ルイちゃんがいつもどうりに元気だという事だけでした。
ほっとくのは心配なので、仕事を休めないjiji君と、外に出られない私の代わりに、妹が病院へ連れて行ってくれることになりました。
帰って来て驚きました。
まず、生後4ヶ月で卵を産む事は考えられないと言われた事。
もっとショックだったのが、糞の中からたくさんの寄生虫が見つかったと言われた事でした。(その後、妹もjiji君も寄生虫のはっきりとした名前を覚えて帰って来る事は出来ませんでした・・・)
何も分らずに、「ママ、出して出して」と甘えるルイちゃんを見ていると涙がとまりませんでした。
「また、いなくなっちゃうの?」という、考えてはいけない事を考えてしまうのでした。
「ビビちゃんがいなくなった時のあの悲しみはもう嫌だ」と。

翌日、マル君の糞便検査もしてもらいました。
お医者さんの予想どうり、感染していました。
2羽一緒に闘病生活の始まりです。
カゴは熱湯消毒をし、外では遊べません。
2羽の接触も無しです。
「ご飯いっぱい食べて、お薬飲んで、ウ*コいっぱい出して、早く元気になったら、お外でたくさん遊ぼうね。」これを一日に何度も言ってあげたのでした。
一番の心配は、カゴから出れない事でストレスが溜まらないかという事でしたが、マルもルイもとても良い子でした。
暴れる事も無く、自分で遊びを見つけて、それなりに一日を過ごしてくれました。

さてさて、ルイちゃんですが・・・。
今回、こんな形で、女の子だという事をしる事になりました・・・。

f0049362_1126135.jpg


この綺麗な白くて丸いものは何でしょう!?
そう、卵ですよ!た・ま・ご!!
産みました。やっぱり産みました!!
「ピ〜、ピ〜」って苦しい声を出しながら、一生懸命産みました。
ママは、カゴの前で「がんばれ〜がんばれ〜」と応援してあげる事しか出来ませんでした・・・。
心配だったのは「病気の体で卵を産んで、体力は持つのか?」と言う事でした。
すぐに病院へ電話をして先生に聞きました。
「卵を温め始めると心配なので、すぐに取り出す事。餌を食べれば心配ないが、食べる事が出来なければ、明日すぐに連れて来なさい。流動食を始めます。」という指示でした。
でもでも、スッキリしたのかルイちゃんは、ご飯もよく食べ、元気に動き出しました。
早熟なルイちゃんは、卵を産んだって事を理解していたのでしょうか・・・?

そんなこんなで一週間、昨日の糞便検査の結果です。
2羽の糞からは寄生虫が見事に消えていました!!
頑張ったね〜!!マル君、ルイちゃん♪
まだまだ、油断は出来ないので、薬は飲み続けなくちゃいけません。
もうしばらくは、お外でも遊べません。
でも、大丈夫だね。
もう少し頑張れるよね。

今回、マル君とルイちゃんがどれだけ大切かをたくさん考える事が出来ました。
マル君は、泣いてばかりの私にたくさんの笑顔という幸せを運んで来てくれた大切な子。
ルイちゃんは、いちばん私達が欲しかった幸せを運んで来てくれた大切な子。
今日もあなた達とこうやって暮らすことができて、ママはとても幸せです。
この子たちに感謝しながら、いつまでも楽しくすごせたらな、と心から思うのでありました。



***ルイちゃんから見つかった寄生虫は、ブリーダーの元で感染した確率が高いそうです。ブリーダーも出来るだけ努力はするらしいのですが、雛の状態で完全に寄生虫をなくす事はとても難しい事なのだそうです。***




                      ポチッとお願いしますね♪
[PR]
# by ashidea | 2007-05-29 11:50 | ma-ru-i