「ほっ」と。キャンペーン

皆さんからのたくさんの励ましとあたたかなお祝いの言葉に心から感謝の気持ちを込めて     「ありがとう」。   


by ashidea
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

タグ:不妊治療 ( 19 ) タグの人気記事


f0049362_15475417.jpg
昨日、今周期最初の診察日でした。
「さあ、今回はどうしましょうか。」と始まって、相変わらず、先生任せで何にも考えてなかって私。
いつも、周期最後の診察の時、「今度生理が来たら、また考えましょう。」と言われ、「はい。」と、何にも考えず、診察室を後にしていた私。
駄目患者No.1です。私。


f0049362_15575492.jpg
と、話は戻って、「う〜ん」と考え込む私に、「今までみたいに薬でゆる〜くやってみる?」と先生。
まだ考え込む、私。
だって、他にどんな治療があるのか分んない。
そこへ「ガツーンとやってみてもいいよ。」と!
ん?ガツーンってなんだ?


f0049362_1642812.jpg

はい、ガツーンっていうのは、『注射でガツーンと排卵させよう』ということでした。
「ガツーン」という先生の言葉に魅せられて、「じゃぁ、ガツーンの方で。」とお願いして来ました(笑)。
先生、いつになく治療の説明に力が入ってました(笑)。
もしかして、これは期待を持ってもいい!?

f0049362_16101360.jpg
しばらく、一日置きに注射打ちに行って来ます。
右と左を交互に、お尻に打って来ます。
メチャクチャ痛かった。
前に聞いた事があります。
私よりもっと大変な治療をしている人は、この注射を打ち過ぎて、お尻が固くなって、痛くて座る事も出来なかったって。
私なんか序の口。
がんばんなきゃね。
でも、日曜日にも行かなきゃいけないんだって。
いやだな〜。

f0049362_16181233.jpg

             やっと見つけたハコベ。
               今日の寒さに負けないでね。
                 “雑草魂”見せてくれ〜!!
[PR]
by ashidea | 2007-03-06 16:20 | 喜びの日まで

本当の優しさって?

f0049362_1045662.jpg


子宝草の親株が、全滅してしまいました…(涙)。
こりゃぁ、生理が来る訳だ〜(笑)。
今は、親株の横に寄り添う子株達の生命力を信じるしか無い、なんだかマイナス思考気味のモモでございます。

昨日、母と一戦交えました。
生理が来て、ちょっとイライラしてたんですよね。
どっちが悪い?
どっちもどっちでしょうね。
私が原因作っちゃったから。

今日は妹の旦那さんが泊まりに来ます。
一昨日までは、体温が下がって生理が来る事も分ってたけど、冷静だし、心の中も意外と軽かったんです。
だから、泊まりに来ると聞いても「分ったよ〜。ご飯何にしようか?」なんて言えてたんです。
でも昨日の朝、トイレで血を見てしまったら、絶望までは行かないけど、やっぱりブルーにはなっちゃいました。
実際、生理痛は酷くなって来るし、その日の晩ご飯だって作る気力がなくなって来る。
なのに、い、いもうとの旦那さんにご飯!?しかも彼は料理人!?
ド〜ンってなっちゃいました。
それで、「明日、出かけたいんだけど?」って控え気味に言ってみたら、母の顔色が一変したのでした!!

生理が来て、1,2日は、あまり人に会いたくなくなるダメモモでございます。
それなのに、家族中で赤ちゃん囲んでデレデレになってる横で、せっせとご飯作るなんて冗談じゃありません。
これが、娘でなく嫁だったら、頭おかしくなっちゃうんじゃない?

母にこの気持ちを理解してもらおうなんて、果てしなく無理な話です。
分ってるんですけどね。
流産した時に、まだ立っているとお腹がうずいて、痛い事よりも涙が止まらなくなってしまうのが嫌で、台所に立ちたくなかった私に「まだ痛いの?まだできないの?」と冷たい言葉を言えるような母なんですから。

普段はいい母です。
でも、母に本当の優しさを感じた事はありません。
私が求める優しさは、不妊治療に通ってる事を私の知らない所で誰かに話し、いい病院を聞いて来る事じゃありません。
私の心の痛みを少しでも理解しようと努力してくれることです。
痛みそのままはわかってくれなくてもいい。
少しでいいから、「わかってあげよう」っていう母になって欲しい。
求めても辛くなるだけだから、もう止めようって思ってたけど、母と娘って嫌なもんで、やっぱり女として分って欲しいから、求めちゃうんですよね。

もし、私達夫婦が、いつか本当に『親』になることができるんだったら、自分の父と母の様にはなりたくありません。
外から見たら、みんな「いい御両親ね。」って言ってくれます。
表面上なら、家の中でも「いい両親」です。
でも、こんなのイヤ。
もっと、本当の子供と向き合えある親になりたい。
心の痛みを受け止めてあげる事の出来る親になりたい。
私の様な思いをしなくていいような親になりたい。

あ〜。グチっちゃいました。
すっきりさせて頂きました。
こんな時、マル君とルイちゃんがいてくれて良かったと、つくづく思います。
カチカチになった私の心を、やわらか〜く解してくれるかわいい子供達。
ありがとね。

f0049362_11175511.jpg

[PR]
by ashidea | 2007-03-03 11:27 | 独り言

春を探しに。

今日から3月。
そして、今日も快晴。
春を探しに、近くの山へお散歩に。
f0049362_16345047.jpg

f0049362_163514.jpg

                チュンチュンだ。                
f0049362_1639029.jpg

f0049362_16391186.jpg

f0049362_16392387.jpg


まだちょっと早かったかな。
春はちょっとしか見つける事ができませんでした。
もうちょっとしたら、また行ってみよう。

f0049362_1645913.jpg

            淋しいね。桜が咲くまで待っててね。

やっぱり、凹みました。
[PR]
by ashidea | 2007-03-01 17:06 | お散歩

ぶらり〜。

f0049362_21433089.jpg


今日、病院の帰りに、母の頼まれ物があったので(口実です)、一人でぶらぶら〜っとしてみました。
で、衝動買いっぽいことをしてしまいました。
f0049362_21435070.jpg
お店の前で足がピタッと止まってしまいました。
かわい〜。可愛過ぎです。この鳥さんの絵。
実はこの中には、緑茶が入ってます。
しかも、春限定品らしいんです。
私、お茶に凝ってる訳でも詳しい訳でもありません。
ただ、ただ、この小鳥さんにハートを撃ち抜かれてしまったのでした。

ちなみにまだお茶は飲んでません。

f0049362_21531771.jpg


jiji君とお揃いのお箸も買っちゃいました。
今使ってる箸はもう随分くたびれちゃったので。
明日の朝ご飯から使う予定。

やっとわかったか〜!!
[PR]
by ashidea | 2007-02-16 22:07 | shopping
f0049362_15501956.jpg

              我が家に滞在中の天使達

ハッハッハァ〜ッ!!
大きな声で、腹から声を出して思いっきり笑っちゃいましょう!
今日病院に行って、診察してみてビックリいたしましたよ。
なんと、なんと。
排卵しちゃって、卵巣の中が空っぽだったよ〜〜〜〜〜。
先生もびっくりで、私なんか、笑っちゃいました。
先生は「本当に申し訳ない・・・。」と。
それしか言いよう無いよね。
「昨日お腹痛くなかった?」と聞かれ、「そう言えば、下腹が張って酷かった。」と私。
でも、間抜けな私は、まさか排卵日だとは思ってなくて、「お昼に食べた“おから”のせいで、ガスが溜まってるんだ!」と思い込んでいたのでありました。
だって、体温も上がってはいなかったし。
薬を変えてみたからなのかな?

「今日頑張れば、間に合うかも」だそうです。
頑張ってみましょうかね。
とにかく予定より早く飛び出しちゃった私の大事な卵ちゃん。
まだ元気でいてね。

今日は朝から、掃除機は壊れるし、病院の行き帰りに仕事中のjiji君にすれ違うし(こんな事は初めて)、なんだかおかしな日です。
今回はAIHは無しだけど、ちょっとした休憩になって、かえって良かったのかもしれません。
気持ちがね、今とっても軽い感じです。

でも、先生にはもうちょっとしっかりしてもらわないとね。


         イライラ気味のマル君です。 
            
[PR]
by ashidea | 2007-01-17 16:20 | 喜びの日まで

どうしてだろうね〜。

今月も生理が来ちゃって、先生もビックリ。
「どーしてだろうね〜」と二人で首を傾げるばかり。
どうしてなのか知りたくて、病院に通ってるのにね。
「半年以内に妊娠できますよ」と言ってしまった先生も困ってるでしょうね。
とりあえず、今周期もAIHにチャレンジです。
それでダメなら考えましょう、という事になりました。
AIHを続けるのか、それとも先へ進むのか。
私達としては、先に進むにはとても勇気がいるので、よーく考えなくてはいけない。
何しろ費用が莫大だしね。
ハハハ。おかしい。
妊娠できる事より、ダメだった時のことばっかり考えてる。
これじゃダメだ。
いいこと考えよ。
楽しい事とか。

f0049362_11343626.jpg

[PR]
by ashidea | 2007-01-16 11:35 | 喜びの日まで

撃沈じゃん!?

新年早々、撃沈だってばよ!!(NARUTO風に。)
私の体って素晴らしいのです。
生理予定日しっかり守ってくれちゃうんだから。

子供二人いて幸せそうな姉と、元気に産まれて来る子を待つ幸せな妹を前に、恐れていた生理がやって来て、意外な程平常心だったとおもいきや、そんな訳ないじゃん。
部屋から出れなくなっちゃったってば!

良い親になる為の修行時間が私にはいっぱいあるって言聞かせてたけど、いじけた私は思ってしまった。
  良い親なんてなれないから、普通のあたりまえの幸せが欲しいんだよ〜〜〜。
ってね。
でも、いじけただけ。
今年こそはって、頑張るんだもん!!
でも、今日だけは飲ませてね。
明日からはまた、がんばるから。
jiji君もいない夜。
ビールでも飲んできゃ、おかしくなりそう。

2007年、もっと強くならなきゃだめだってばよ!!(またNARUTO風に。)

f0049362_2221308.jpg

[PR]
by ashidea | 2007-01-03 22:21 | 喜びの日まで

ご存知でしょうか?


12月17日、私の通っている病院で、NPO法人Fineの代表の方の講演会がありました。
実際に不妊治療を経験している方のお話だったので、素直に心の中に入って来る感じでした。
講演の後、質問にも答えて下さって、頭のいい、素敵な人だと感動しました。
分った事は、治療をしている私達が思う事は、みんな同じだったという事。
完全に一致している訳ではないけれど、話していると「そう、そう。」と思う事の方が多かったです。

そして、私がいちばん感動してしまったのが、看護士さんと事務の方による“ハンドベルの演奏会”でした。
クリスマスの曲を2曲演奏した後に、『世界に一つだけの花』を演奏して下さったんですが、涙でちゃいそうでした…。
はずかしくて、唇噛んで我慢しました。
一ヶ月、毎日練習したそうです。
講演会を開いてくださるだけで、充分嬉しかったのに、あんなプレゼントまで用意していて下さったなんて。
私はもしかしたら、素晴らしい病院を選んでいたのかもしれない、と心から嬉しいと思えました。
しかも、病院に対しての私達の不満にもきちんと気付いていて、病院側なりに対策を考えているという事もわかりました。

次の日が診察だったんですが、看護士さんに「積極的に参加してくれてありがとう。」と声をかけてもらいました。
いままで、診察以外の会話なんてしたことなかったのに。
私の方こそきちんとお礼を言いたかったのに。

その次の日が、AIHでした。
気持ちは晴れ晴れ。
内診室の隣の会話なんて、もう無視無視!!
関係ないし!
ただ祈るのみです!

ここで、質問があるんです。
大変お恥ずかしいのですが・・・。
hcgの注射を打つと、私の場合、体に異変が起きます。。
ホントに恥ずかしいんですが、胸が痛くなるんですよね。
治療の経験がある人にしか分らないと思うんですが、これは普通なんでしょうか?
先生に聞いた方がいいのでしょうか?
どうでしょう・・・?

f0049362_120072.jpg


もう一つの質問が上の写真です。
病院で貰った、花の種です。
名前を聞いて帰ったはずなのに、家に着いたらしっかりと忘れてました。
種にハートマークがついてるんですよ。
ベビー〜なんとかだったような・・・。
ご存知の方があれば!
[PR]
by ashidea | 2006-12-26 12:04 | 喜びの日まで
今日は、朝から号泣大会・・・。
生理が来ちゃったんですね(涙涙)。
いつもは、体温が下がりきって、次の日あたりに来るはずのものが、今回はちょっと違ってました。
昨日の朝の体温は、まだセーフのちょっと高めでした。
で、今日の朝早く、トイレに行きたくなって目が覚めて、半分寝ぼけながらトイレに行って。
「あれ、あれれれえ〜!?ち、血が〜!?」
驚かなくったって、間違いなく『月経』ですから。

もう一度布団に潜り込んで、なんか自分でもよく分らないことをグルグルグルグル考えてたら、目覚ましが鳴って、「念のため」体温を測ってみると、・・・・・・・・。
はい、終了。
とりあえず、気を確かに持って、お弁当をつくりました。
その後、jiji君を起こしてからは、涙がボロボロ止まらなくなってしまったのでした。

jiji君が仕事に行った後も、しばらく無気力状態。でも「これじゃダメだ!!動こう!!」と、今日やりたいことを頭の中にダーッと並べてみました。
とりあえず、何よりも、マルのお部屋をきれいにして、餌をかえてあげなくちゃ。
次はワイシャツのアイロンかけでしょ、トイレ掃除もしなくちゃいけない。・・・・・・・。
とにかく、ノンストップで動き続けました。

f0049362_2345723.jpg
そして、大一番です。
jiji君のパソコン用の机を作りました。
前から欲しかったんですが、買おうと思っても、なかなか「これ!」っていうのに出会えなくて、それなら自分で作ってしまおうと思ってたんです。
で、ホームセンターに材料を買いに行き、思いつきで作ってみました。
結局は、「この金額出せば、それなりにいい机買えたんじゃないのか?素直に買った方が良かったんでは?」といような作品になってしまいましたが、愛情入りってことで、OKにしていただきましょう。

f0049362_2315960.jpg

ちなみに、左は私のパソコンデスク。
なんだか、すごい差です。
いやいや、これは私の仕事場ですから。




それから、マル君にもプレゼント。
注文していたグレープパインの止まり木が届いたので、ちょっとした遊び場を。
でも、怖がって逃げちゃうんだよね。
早く遊んでるのが見たいな〜。

f0049362_23222622.jpg


More
[PR]
by ashidea | 2006-12-04 23:42 | 喜びの日まで

初めての講習会。

f0049362_1753186.jpg


26日、日曜日に、「これから妊娠を・・・とお考えの方へ」という、今通院中の病院での講習会に参加して来ました。
先生が話をしてくれるのかと思って行ったら、先生は、「あぁ、こんにちは〜」と、待合室で待ってる私に声をかけると、そのまま帰って行くので、「じゃあ、一体誰が?」と思っていたら、部屋のドアが開いて看護士さんが二人、明るく「こんにちは〜。こちらへどうぞ〜。」と。
いつも優しいな〜と思ってた看護士さん。卵管造影検査をする事が決まった時、「一度してるんだね。何でできないんだろうね・・・。」と優しく話を聞いてくれた看護士さんと、卵管造影検査当日、私の横で「大丈夫?ひどいね。がんばってね。」と声をかけてくれた看護士さんでした。
なんだか、あの時、優しいと感じた看護士さんが話をしてくれるとわかって、ちょっと緊張がとけた気がしました。

話の内容は、『体に良いモノ、悪いモノ。』と、『書く事のすすめ』という内容。
『体に良いモノ』で一番勧められたのが、葉酸です。
一日0.4mgの摂取が女性のからだに必要だそうです。
「色の濃い野菜に含まれているのですが、野菜だけで摂取するのは難しいので、サプリメントを利用しても大丈夫ですよ。」という話だったので、さっそくドラッグストアで買って帰りました。
過剰摂取しても、尿から排泄されるので大丈夫だそうです。
『体に悪いモノ』はいっぱいありましたよ!
タバコ、アルコール、ダイエットはもちろん、電磁波環境ホルモン
電磁波は、携帯電話が一番身近。
男の人は特に、ズボンのポケットに入れるのはやめた方がいいということ。
これは、一ヶ月程前から、jiji君にはキツーく言っていました。
そう。精子が少なくなっちゃうんです。
あと、IHクッキングヒーターもあまり良くないと言われました。
家、最近変えたばっかりなのにーーーー!!
「調理中は長時間、IHの前に立ってるのは控えましょう。」とのことでした。
不妊はもちろん、流産にも影響があるそうです。
環境ホルモンは、コンビニのお弁当にカップラーメンはもちろん×!
レンジでチンする時も、プラスチックの入れ物のままはだめ。必ずお皿に移して、なるべくラップも使わないように。とのことでした。
あとは、カフェインも取り過ぎには注意しましょう、と。
(本当はもっともっと細かく、詳しくお話してくださったんですよ。)

『書く事のすすめ』
不妊治療を続けている人の心の流れを感情のジェットコースターと言うそうです。
普通の人が長い時間を掛けて悲しみを乗り越えるのに対して、不妊治療をしている人は妊娠しなかった悲しみを乗り越える時間もなく、次の治療に入って行かなくちゃいけない。
しかも、妊娠しない限り、いつまでもこのジェットコースターは続きます。
「だから、苦しくなったら、言葉にして下さい。」
「誰にも言えないなら、紙に書いてみて下さい。そしたら、少し、何かが見えて来るかもしれませんよ。」
うん。私もいい事だと思いました。
このブログを始めて、書きたい事を書きまくって、私の心は随分楽になれたから。

最後に、病室に「自由に書いて下さい」と置いていたノートに、ある旦那様が書いた奥様宛の手紙を読んで下さいました。
「一人で頑張らないで下さい。僕にも半分わけて下さい。一緒に頑張らせて下さい。」という内容の手紙でした。
もっといろんな気持ちが書いてあったのですが、私はなんだか、jiji君と重ね合わせてしまって、泣いてしまったんです。
すると看護士さんが、「泣いてもいいんだよ。がまんしなくていいんだよ。」と優しく声をかけてくれました。
嬉しかった。
すごく、すごく嬉しかった。

これから病院にいくのが嫌じゃなくなりました。
私達のために、寝ないで勉強して、資料を作って、本気で考えてくれてる看護士さんが二人も待っててくれる。
強い味方が付いていてくれてる感じ。
参加して良かったと思います。
これからもがんばるぞ!!

More
[PR]
by ashidea | 2006-11-29 18:10 | 喜びの日まで